■営業時間:月〜土
10:00〜17:30(日祝除く)
2024年 04月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
今日
定休日
2024年 05月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
定休日
■最近チェックした商品
PayPay 1000円以下 印刷部紹介 リサイクル Okage
 
みつやがオススメ!レジスター選びのコツ

皆さんはレジスターをご購入するときには
どのようなことに重点をおいて選ぶでしょうか?

『お値段』『使いやすさ』『機能』など
様々な要素からご自身に合ったものを選ぶというのはなかなか大変なことです。

こちらのページでは、そんなお悩みを解決し
最適なレジスターを選ぶお手伝いができるよう

レジスター選びの重要なポイントをご説明していきますので、
是非ご購入の際にご活用ください。

また、こちらのページで紹介しているレジスターは全て
【インボイス制度】に適用している機種となりますのでご安心ください。

 
 
 目次


 1.【レジスター選びのコツ 曠譽犬料犧酳法
 
 2.【レジスター選びのコツ◆枉ι平瑤稜聴
 
 3.【レジスター選びのコツ】PC管理の有無

 
 
 
  1. 【レジスター選びのコツ 曠譽犬料犧酳法



レジスターの操作方法は大きく分けて

・カテゴリー毎に打ち分ける『部門打ち』
・個別の商品毎に打ち分ける『単品打ち』


上記の2通りございます


■部門打ちレジ

こちらは
大まかな商品カテゴリー毎に値段を毎回手打ちして登録していくレジスターです。

例えば美容室の場合だと…

「カット」「パーマ」「トリートメント」「シャンプー」「その他」など…

売上を管理したい部門(カテゴリー)毎に分けて
レジ打ち時に金額を手入力していくスタイルです。



※写真の機種はCASIO製SR-S4000-20SBKです。


カテゴリーの管理の仕方や機種にもよりますが
部門キーを4〜25キーに抑えることができるため

はじめてレジを操作する方も比較的操作を覚えやすい機種になります。

キー
も大きめで見やすく押しやすい機種が多いため
年代問わずとても使いやすいレジスターです。


但し、デメリットも何点かあります。

まずレジ打ち時に値段を手入力するため
金額の打ち間違えが発生する可能性が高くなります。

毎回打ち込んだ金額に間違いがないか
しっかり確認しながらの登録作業を心がけましょう。


また部門毎でのレジ打ちの場合は
日計集計時には個別の商品毎の売り上げを確認することができません。

部門毎の「合計点数」と「合計金額」での集計となるため
商品単価毎の内訳も確認できません。


今日はどんな商品が一番売れたか
商品の売上から販売戦略を練りたい!という方は下記でご紹介している
単品打ちのレジスターをお選びいただくとよろしいかと思います。



部門打ちのレジは主に小売・物販店様に最適な機種ではありますが

実は飲食店様でもご活用いただくことの多い機種なのです。

例えば上記写真のSR-S4000を使用する場合は
部門キーが20キーあるので

単品商品の取り扱いが20個以下の飲食店様であれば
部門キーに単価登録を行い、単品商品キーとしてもご活用が可能です。




■単品打ちレジ

こちらは単価登録された単品商品キーを押して登録していくレジスターです。

機種にもよりますが、約70個の単品キーが配列されているので
取扱商品が豊富な飲食店様や物販店様にも人気のタイプです。



※写真の機種はSR-C550-4Sです


単品キーには商品名と単価を予め設定しておくので
キーを押していくだけでカンタンに商品のレジ打ちが可能になります。


単価を設定しておくので当然金額の打ち間違えもなくなります


また「面切替」機能を使うとさらに利便性が上がります。
1つのキーに対してもう1アイテム登録が可能なため
72キー配列のレジの場合は、最大144商品を管理できます。


例えば「唐揚げ」という商品を設定する場合に
1面には「店内」2面には「持ち帰り」とすることで
面切替の操作により1つのキーだけで
8%と10%の商品の打ち分けをすることも可能になります。

※面切替については実際は3面まで設定可能な機種ございますが
使用上の実用的な観点でみると2面までの運用をお勧めしています。



単品打ちのレジで運用することで
日計集計時に個別の商品毎の売り上げを確認することが可能になるので
売上を基にした商品の入替や戦略を練ることもできるようになります。


また単品打ちのレジは、前述の部門キーも備えているので
例えば、タッチキー上にない商品をレジ打ちする場合などは
部門キーを使ってその都度値段を手入力しての対応も可能です。

但し、この場合は商品毎ではなく部門毎の集計になる点には注意が必要です。



  1. 【レジスター選びのコツ◆枉ι平瑤稜聴



部門打ちか単品打ちか、方向性が決まったら
それに合わせて、レジに登録したい部門数・商品数の確認をしましょう。

今後商品や部門を追加する可能性も含めて
レジ上の部門キーや単品キーの数がどのくらいあれば最適かを考えていきます。

 
categoly_key

上記写真の『CASIO SR-S200』の場合、
部門キーは全部で5つある機種です。

面切替を行うことで最大10部門の打ち分けが可能になります。

部門1〜5は金額入力部門キーの押下でレジ打ちしますが

部門6〜10は金額入力後に部門シフトキー
そのあとに部門キーの押下が必要になります。

(メーカーや機種によって操作が異なる場合ございます)

どうしても入力するキーが増えるため、
操作が複雑化・オペレーション時間の増加
要因になってしまうケースもあります。

そのため、よく使う部門名を1面に、
頻度が少なめな部門名を2面に配置することで
シフトキー操作を減らすことに繋がり、
よりシンプルにご使用いただくことができます。


それでもシフトキーでの切替がお手間に感じる場合は
必要な数だけ独立した部門キーを搭載しているレジスターを
お選びいただくことをお勧めします。


【部門打ち対応  おすすめレジスター】
SR-S200 SR-S4000
CASIO  SR-S200-EX
部門数:10
(5部門キー × 2面)
ジャーナル発行可
インボイス対応
CASIO SR-S4000-EX
部門数:20

2ロール対応
(レシート・ジャーナル)

インボイス対応


単品打ちレジも同様で、シフト切替にて登録操作可能な
レジの商品キー数を目安にお選びください。

【単品打ち対応  おすすめレジスター】
SR-S200 FS-700
CASIO  SR-C550
商品キー数:72
(面切替により144品登録可)
ジャーナル発行可
インボイス対応
 東芝TEC FS-700
商品キー数:63
(面切替により126品登録可)

2ロール対応
(レシート・ジャーナル)

インボイス対応
 

  1. 3.【レジスター選びのコツ】PC管理の有無



現在のレジスターはパソコンとの連携が取れるように
SDカードに対応したものが主流となっています。

これにより売上データレジ設定データ
SDカードに保存することが可能になります。

日々の精算売上データはCSV形式で、
電子ジャーナルはテキストデータにて
保存されるものがほとんどです。
※メーカーや機種によっては異なる場合
ございますので予めご了承ください

このデータをご活用いただければ、
お店の売上アップの分析もお手軽に行うことができます。

【SDカード対応  おすすめレジスター】
SR-S200 SR-S4000
CASIO  SR-C550
商品キー数:72
(面切替により144品登録可)
ジャーナル発行可
インボイス対応
東芝テック MA-700
部門数:10

2ロール対応
(レシート・ジャーナル)

インボイス対応


 
まとめ

いかがだったでしょうか。
レジスターについて少しでも理解が深まれば幸いです。

レジをお選びいただく基準は
ご店舗様によっても様々です。

運用方法や売上データの確認など、
様々な観点から最適なレジスターを
お選びいただけたらと思います。


ご利用いただくスタッフ様にとって
便利で快適な日々の業務を

そして何より、
ご来店いただくお客様の満足のために

ぜひ当店でのレジスターのご購入を
心よりお待ちしております!

みつやかっぱ橋店 取扱レジスターはこちらから
 

ページトップへ




ご利用ガイド

お支払いについて

お支払い方法は、クレジットカード、代金引換、銀行振込、PayPayよりお選びいただけます。

クレジットカード
VISA MASTER JCB DINERS AMEX
【VISA】【MASTER】【JCB】【DINERS】【AMEX】がご利用いただけます。
(一括払いのみ申し受けます)
代金引換
商品ご到着時、代金をお支払いいただく方法です。
お受け取りの際、宅配便のドライバーに現金にてお支払いください。
※佐川急便またはヤマト運輸の代金引換サービスを利用しております。
※別途代引手数料がかかります。
※30万円を超える場合はご利用いただけません。
銀行振込
銀行振込入金確認後、商品を発送いたします。
※振込手数料はお客様ご負担でお願いいたします。
PayPay
VISA
PayPayアプリまたはブラウザでのログインにてご利用いただけます。

表示価格について

オンラインショップに記載された価格は、消費税別の価格です。

配送・送料について

配送について
佐川急便またはヤマト運輸での配送となります。

●お買い上げ金額の合計が税込11,000円未満の場合
【送料 税込 880円】
●お買い上げ金額の合計が税込11,000円以上の場合
【送料無料】

下記地域の場合の送料は次の通りです
●お買い上げ金額の合計が税込11,000円未満の場合
北海道・離島:【税込1,980円】
沖縄(沖縄離島含む):【税込2,970円】
●お買い上げ金額の合計が
税込11,000円以上55,000円未満の場合の送料
北海道・離島:【税込1,430円】
沖縄(沖縄離島含む):【税込2,420円】
●お買い上げ金額の合計が税込55,000円以上の場合
北海道・離島・沖縄(沖縄離島含む):【送料無料】

お届け日時のご指定について
お届け時間帯は、下記よりご指定いただけます。
(配送方法をヤマト運輸にてご指定いただいた場合)

商品の返品交換について

未開封・未使用のもので、商品ご到着後10日以内にご連絡いただいたもののみ返品お受けいたします。
《返品・交換専用連絡先》TEL 03-3847-2541
※お客様より事前にご連絡の無い商品はお受け出来ませんのでご注意ください。

ご注意事項
次の商品の返品・交換は、お受けできませんのでご了承ください。
  • 到着後11日以上経過した商品。
  • 色や形といった商品の外観や、お客様のイメージと異なるといった理由による返品
  • 大量購入品の返品
  • 限定商品、特殊商品、受注生産商品など
  • 機器間の相性やお客様のご利用環境を理由とした返品
  • ※上記商品以外にも返品をお断りする場合がございます。

個人情報について

お客様からお預かりした大切な個人情報は第三者に譲渡することは一切ございません。



●その他ご利用に関する詳細についてはこちらから合わせてご確認ください。